漫然と流し見していた時期もありましたが、いつの間にか大相撲中継を楽しむようになっています。力士の名前も顔もまったく知らない所から始まり、今ではしこ名と顔が一致する力士も増えてきました。
最初はやはり、郷土出身の力士を覚えるところから始まりましたね。次に、何か特徴のある力士。例えば、知り合いに風貌が似ている宝富士関や、アジア以外の外国籍の栃ノ心関や碧山関。
熊本出身の正代関は、北島康介さんに似ているので覚えやすかったですね。そして、正代関と年齢が近い長野出身の御嶽海関も、セットで覚えました。
横綱や大関などの上位者は、本場所以外でもテレビ出演が多いので割と簡単に覚えられます。その他、取り組みに独特の切れのある大分出身の嘉風関も、覚えやすい力士の一人です。
しかし、若手の台頭がめざましい今日この頃は、なかなか覚えられない力士が増えてきました。最近世間を騒がせた貴乃花部屋の貴景勝関は、そんな若手の中でも覚えやすい力士の一人ですね。
新小結に昇進した会見で、親方の同席なしで一人で対応していた姿を覚えている方も多いでしょう。
私は、このようにして大相撲にのめり込みました。興味ないわ、とおっしゃる方も、まず、力士のしこ名と顔を覚えるところから始めてみませんか?楽しいですよ。