2〜3歳くらいの子供、様々な言葉を聞いて、繰り返ししゃべっては覚えるの繰り返しなのですが、
この時期、独特の発音をするのが面白い、この時期ならではの可愛い貴重な時期。

我が子供については、面白い発音をするので爆笑の連続です。
例えば、「OK!グーグル!」というのを子供が発音すると、
「おーけー!ぐるぐるー!!」という調子。
ぐーぐる、がなぜか、ぐるぐるー!となるのか理解できません。

次に、
「でーんでん、むーしむし、かーたつむりー♪」という歌。
これも節をつけて親子で歌うと楽しいですが、
子供が一人で歌うと、
「でーんでーん、でーんでーん、カーカツムムー♪」と全く別の歌に。
手遊び歌なので両手では、グーとチョキの形を作って、
カタツムリが出来ているのですが、
肝心の歌には、かたつむりは消去されてしまいます。
まだ、舌足らずなので「か・た・つ・む・り」と発音するのが難しいのでしょうね。

最後に「パトカー」。
これをなぜかいまだに
「カトパー」と言います。
もう、誰が聞いても、「パトカー」だとは想像できないはず。
どうして器用に文字を前後させるのか、不思議な現象です。

でも憎めないのは、子供が全力でドヤ顔で言う事。
笑ってはいけないのですが、爆笑してしまいます。