Month: 2月 2018 (page 1 of 3)

毎日、毎日あったことをノートにまとめて一週間を振り返る。

 大雑把でいいのでノートに日付と年を書いて午前中はこうだったとか午後はこうだったとかザッと書くようにしています。そして、トレーニングをするときは、必ず自分が嫌だなぁしんどいなぁというものから消化しています。そうすることで何となく後はとりあえず楽だからよし熟せばいいやみたいな感じでやってます。最近はテレビ着け内容にしてます。パソコンで少し過激な動画流しながらやってますそうすることで少し内面にドキドキする感覚と緊張かを持てるので結構それが好かったりします。あっという間に終わってしまうのでもう少し時間まで頑張ろう見たいな感じになります。つまらないというか嫌なシュールなニュースを耳にしないように入れないようにしています。聴くとやりたくなるというかもう何やってんだ自分みたいになるとバカバカしくなってしまいダメになるからです。それは絶対にダメなことだと思ってます。むしろ自分の世界に入り込んで熟すようにしてそれをノートに書き記した方がいいのです。私はこれを毎日やっています。脱毛ラボ 15ヶ月

夫の親戚は今時女性に酒を飲ませない古い考えの一族

夫の親戚たちはどうも古い考えの人達のようです。
正月やいろいろな集まりがあって、酒の場があったりします。
実は私の夫は下戸。
それでも最初何人かから「お酒飲まないの?」と必ず声をかけてもらえます。
いちいち断らないといけないから夫は夫で煩わしく思っているかもしれません。
一方私は、最近でこそほとんど禁酒状態ですが、数年前まではかなりの?んべえでした。
ところが、長年のおつきあいにもかかわらず、夫の親戚達は誰も私に酒を勧めません。
というか、女性は誰もああいう宴会の場で酒を飲んでいないのです。
図々しい夫の兄嫁が手酌で飲んでいることがあるぐらい。
女性の皆さん全員が全く酒を飲めないのかどうか知りませんが、少なくとも個別であったときには普通に酒を飲んでいる姑ですら宴会ではお茶しか飲みません。
ああいう集まりの場では女性は酒を飲まないのが暗黙の了解のよう。
ホント古くさいですね。
そして、宴会半ばで片付け洗い物をするのも女性のみです。

冬の晴れ間というのは走るのにはちょうど良い季節

冬の晴れ間、風のない日というのは、なんとも気持ちよく、冷たい空気が心地よかったりします。
ちょっと風が吹いたり、建物の影になるような場所だと寒さを感じてしまうのですが、それくらいの気候も好きだったりします。
あまりに寒すぎるのは困ってしまいますが、そうでなければ外をランニングしたり、自転車で走るのには絶好の季節ですよね。
暑い夏にはただただしんどく感じられたりするが、冬は火照った体を冷やす風が気持ちいいです。
先週の週末も、あまりに気持ちの良い晴れ間だったので、自転車に乗って近所を買い物していました。
家を出るときこそ、エアコンの効いた部屋で甘やかされた体は、「寒い、寒い」としきりに訴えてきたりします。
でも、それを乗り越えて、いざ走り出して体が温まってくると、そうした寒さも感じなくなり、どこまでも爽快な風だと感じることができます。
たまに友だちにそんな話をすると、「あんたも物好きだね」と言われたりするのですが、もしやったことがない人がいたら試してもらいたいと思います。
本当に気持ちよくて病み付きになってしまうはずです。

前髪が伸びっぱなしで鬱陶しい。切りたいけれど切れない育児中

髪を切りたいです。
もう半年も切っていないので前髪は伸びっぱなし、後ろはもっさりとしています…。
前は1か月に1回は美容室に行きトリートメントをしてもらっていたので髪はつやつやだったのですが
今はパサパサに…涙
行けばいいじゃんと思われるかもしれませんが、私は今育児中なんです…。
私が居ないとギャン泣きするので旦那にも任せられないし、美容室はお金もかかります。
中々行きたいからお金ちょうだいとは言えず半年が経過しました。
子供生まれると貧乏臭くなる主婦の典型ですかね。
美容室行きたいよーつやつや髪に戻りたいよー。
どうせあまり人にも合わないし失敗覚悟でいっそセルフカットしてみようかしら。
やってるうちにレベルアップするかもしれないし
もしも失敗してとてもみすぼらしくなったら旦那が見かねて美容室代をくれるかもしれない(笑)
でも失敗したことに気付かれなかったらそれはそれで悲しいな。
なのでこれは最後の手段にしよう…。
美容室、行かないからといって死にはしないけれど女としては必要不可欠なものなのです。
旦那よ!気づいて!

そりゃー無料が当たり前というわけじゃないけど

つい10年ぐらい前では、これからネットで何もかもタダになるといった雰囲気を醸し出したり、有料で見るのは馬鹿みたいなことだという雰囲気があったけど、今やその傾向は少なくなっている。
どんどん、ネットで配信されるもので無料で見られるものは少なくなってきてむしろネットを使うとお金がかかることが当たり前という雰囲気になってきた。
もちろん、内容のあるものがあればいいがそうでもないものに結構値段が付いているわけである。例えばニュースや普通に見られる記事とかはタダという風潮はあったが、こっからは有料…てなわけでお金をかけたらくだらない内容で辟易した事が何回かあってそれ以来お金をかけることはやめた。
以前は動画を見るためにウェブマネーを使っていたが、1動画の時間のわりにはちょっと高くなりすぎてやめた。それでなし、高いのにね。
普通のサービスでこれだから、ネットゲームとかガチャとかでかかったお金等の話を聞くと馬鹿らしくなってくるのである。全身脱毛 回数

最近大相撲が好きになりました。私の力士のしこ名の覚え方はこうです。

漫然と流し見していた時期もありましたが、いつの間にか大相撲中継を楽しむようになっています。力士の名前も顔もまったく知らない所から始まり、今ではしこ名と顔が一致する力士も増えてきました。
最初はやはり、郷土出身の力士を覚えるところから始まりましたね。次に、何か特徴のある力士。例えば、知り合いに風貌が似ている宝富士関や、アジア以外の外国籍の栃ノ心関や碧山関。
熊本出身の正代関は、北島康介さんに似ているので覚えやすかったですね。そして、正代関と年齢が近い長野出身の御嶽海関も、セットで覚えました。
横綱や大関などの上位者は、本場所以外でもテレビ出演が多いので割と簡単に覚えられます。その他、取り組みに独特の切れのある大分出身の嘉風関も、覚えやすい力士の一人です。
しかし、若手の台頭がめざましい今日この頃は、なかなか覚えられない力士が増えてきました。最近世間を騒がせた貴乃花部屋の貴景勝関は、そんな若手の中でも覚えやすい力士の一人ですね。
新小結に昇進した会見で、親方の同席なしで一人で対応していた姿を覚えている方も多いでしょう。
私は、このようにして大相撲にのめり込みました。興味ないわ、とおっしゃる方も、まず、力士のしこ名と顔を覚えるところから始めてみませんか?楽しいですよ。

猫と猫じゃらしのおもちゃで遊んだり妙な夢を見た夜

昨夜寝る前に居間に行くと子猫は棚の上のクッションにいたので猫じゃらしのおもちゃで遊んだのですが、母がこちらの方が良いと別のを渡すのでそれを使ってみると子猫の目の輝きと動きが違い驚きました。
やはり猫にもお気に入りのおもちゃというのがあるように思います。
次に大人の猫ですが、これはこたつの中で寝ていました。
こたつにあたって新聞を開いてみるとトランプ大統領や韓国のオリンピックの話しが目立ちます。
もっと景気の良い話しを読みたいと思いました。
それから歯磨きして就寝したのですが、奇妙な夢をみます。
親戚一同でマイクロバスに乗り、途中で止まった公衆トイレで用を足そうと並んでいるといつの間にか周りが女性だけになりここは女性トイレなのかと、いやまさかとそのまま並んでいていざ自分の番が来ると見たことのない便器で用を足せません。
それから用を足さずにバスに乗るのはまずいとトイレ探すと箱型の携帯トイレで用を足すことになり、その後はその中身をどこで捨てるか焦って、というものでした。
意味は分からないのですが自分の不器用さや気弱さが出ているようで情けなく思います。
しかし、寝ざめは良くて頭はすっきりしていて良い朝になりました。

二人目良く寝てくれるという話は本当でした

最近二人目良く寝る説に驚かされています。一人目もどちらかというと寝てくれるし、手がかからないほうではあったと思いますが、それでも寝ている時に玄関のチャイムが鳴ったり、バイクの音がしたりすると、目を覚ましていました。なので、やっと寝てくれた、という時は音がしないことを祈っていました。もちろん寝かしつけは抱っこでした。
それが二人目になると、どんなに上の子が騒いでいても眠たい時は眠っています。また、一人で遊んでいたり、音楽を聴いていたりしているなと思ってそっとしておくと、そのまま一人で寝ていることが多々あります。二人目、産まれた時からなんて母孝行なの。と感動です。正直、一人目よりも大変だったらどうしようと思っていたので助かってます。二人目良く寝る説は本当だったなと思う毎日です。
そして、自由な上の子に急に大きな声を出されたり、周りで飛び跳ねられたり、お風呂ではいきなり顔に水をかけられたり、下の子が逞しくなる理由が分かった気がします。全身脱毛 おすすめ

これは本当に失敗したかもしれないと心底思った

先日私は料理で大失敗をかましてしまいました。
というのも私はもともとそんなに料理が上手というわけではありません。ですが下手というわけではありません。なのでたまに自分で考案したレシピでものすごいハズレを作ってしまう時があります。もちろん逆に最高に成功する時もありますが。
そんな私が先日失敗した料理とはお好み焼きです。主人のリクエストでお好み焼きをつくることにしたのですが、本来お好み焼きに魚介類を入れる場合、エビとかイカがスタンダードですよね。
ですが私はなにをその時思ったのか、牡蠣を入れてみようと思ったのです。それが運の尽きでした。
もともと牡蠣は独特な味がありますよね。そこが美味しくて魅力の一つなのですが、お好み焼きとの相性は抜群に悪かったというわけです。
もしかしたら上手い人が作れば何か別の工程があって美味しくできるのかもしれませんが、私は単純にお好み焼きに牡蠣を入れただけでした。本当にただそれだけでした。
なので決して美味しいとは言えない、というか美味しくないお好み焼きが出来上がったわけです。でも残すのももったいないので、もちろん主人と食べきりましたけどね。

毎度子供には笑わせていただいております。

2〜3歳くらいの子供、様々な言葉を聞いて、繰り返ししゃべっては覚えるの繰り返しなのですが、
この時期、独特の発音をするのが面白い、この時期ならではの可愛い貴重な時期。

我が子供については、面白い発音をするので爆笑の連続です。
例えば、「OK!グーグル!」というのを子供が発音すると、
「おーけー!ぐるぐるー!!」という調子。
ぐーぐる、がなぜか、ぐるぐるー!となるのか理解できません。

次に、
「でーんでん、むーしむし、かーたつむりー♪」という歌。
これも節をつけて親子で歌うと楽しいですが、
子供が一人で歌うと、
「でーんでーん、でーんでーん、カーカツムムー♪」と全く別の歌に。
手遊び歌なので両手では、グーとチョキの形を作って、
カタツムリが出来ているのですが、
肝心の歌には、かたつむりは消去されてしまいます。
まだ、舌足らずなので「か・た・つ・む・り」と発音するのが難しいのでしょうね。

最後に「パトカー」。
これをなぜかいまだに
「カトパー」と言います。
もう、誰が聞いても、「パトカー」だとは想像できないはず。
どうして器用に文字を前後させるのか、不思議な現象です。

でも憎めないのは、子供が全力でドヤ顔で言う事。
笑ってはいけないのですが、爆笑してしまいます。

Older posts