とろみをつけときは水溶き片栗粉。フライの時は小麦粉。ピーマンの肉詰めを作るときにピーマンと肉が離れないようにふりかけるのは…どっちだっけといつも忘れてしまいます。春雨や餃子のノリ代わりにするのは水に溶いた小麦粉だから小麦粉…?であってたかな。
そして調べてうん、小麦粉だったなと思うのに次にするときは忘れてしまうんですよね。あほなのかしら。
とろみをつけるのは小麦をでもいい気がするんですけぢね。カレーとかシチューとかのとろみは小麦粉をバターで炒めたものなんだけど水に溶くだけではとろみがつかないのかな。
そういえばスーパーで水溶き片栗粉なんてものが置いてあってびっくりしたんですがその手間も面倒なもの?とびっくりです。
片栗粉くらい常備しておけばいいのにとか水で溶くくらいしようよというのは料理が苦ではない人間がいうだけで本当は面倒で嫌なものなのでしょうか。商品化されてるってことは需要があるということなんだろうしなぁキャッシング低金利